<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2002/2/25生まれ、パピーウォーカーに愛情たっぷりに育てられ訓練を
経て盲導犬となり8歳まで新潟にて立派に務めた後、家族となる
IBD(炎症性腸疾患)、蛋白喪失性腸炎を克服し楽しく過ごしていましたが
2014/3/25 12才の誕生日ひと月後に永眠。
--------------------------------------------------------------
検索ボックス

2011年01月11日

診察

 通院日でした、一週間ほとんど酷い下痢もなく、少し期待していた体重は24.98kg300g減少ついに24kg代になってしまった、ステロイドのクッシング作用と腸の吸収がうまくいっていないようだ、症状も安定しているのだからと、すぐにやめてしまえないのステロイド… 長期服薬なので明日より週1錠づつ減薬することに、どうか症状が安定したままスムースに減薬出来てクッシングも収まり、体重回復できますように。


再診料 500 1 \500
(内)プレドニゾロン5 50 60 \3,000
      \3,500
税込み合計     \3,675
       
健康管理メモへ
タグ:病院
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年01月14日

オリジン

 今日から オリジン シニアに徐々に切り替える事にする、体重は昨日と変わらず24.6kg、高タンパクで吸収率がよいと、メーカーは言っているので、あまり評判は見かけないが、期待する事にします。

 吸収してください


服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド 8
     
     
     
MEMO 今週は朝8錠隔日に減薬。
 
 
 
食事
体重(朝食前) 24.6 kg 前日 24.6 kg
  g kcal/g kcal
BLACKWOOD 5000 70 3.5 245
オリジン シニア 40 3.7 148
      0
大高酵素フリカケワン 10 3.44 34.4
温泉卵 55 1.28 70.4
カロリー 完食 497.8
BLACKWOOD 5000 70 3.5 245
オリジン シニア 40 3.7 148
      0
大高酵素フリカケワン 10 3.44 34.4
      0
カロリー 完食 427.4
BLACKWOOD 5000 70 3.5 245
オリジン シニア 40 3.7 148
      0
大高酵素フリカケワン 10 3.44 34.4
      0
カロリー 完食 427.4
おやつ スキムミルク 40 3.56 142.4
トータルカロリー 1,495
MEMO 乳製品は大丈夫なので、おやつでスキムミルクを溶いたものを与えた。
 
 
 
ンチ君
夜中 100 2回目  
100 2回目 60
90 2回目  
80 2回目  
MEMO  
 
 
 
お散歩
歩数 5,748   距離 4.42 km
MEMO  
 
 
             
タグ:フード
posted by ウィットぱぱ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年01月18日

日本小動物医療センター

 今日は担当獣医さんの紹介で埼玉所沢にある日本小動物医療センター
http://jsamc.jp/に行ってきました。

 東北自動車道→東京外環自動車道→関越自動車道を通って所沢まで、約2時間。

 まずは、最初に今までの経緯を、持参した検査データなどを担当獣医にお話しして、本日の検査のメニューを決める事に。

 やはり確定診断を得るには、内視鏡や試験開腹による生検しかないが、今のアルブミンの低い状態では全身麻酔に耐えられないしステロイドで炎症を抑えているので正確な検査結果も得られないとの、こちらの獣医さん達と同意見で。

 可能な検査をする事に。

  1. 血液生化学検査
  2. X線検査
  3. 尿検査
  4. エコー検査
どれも、こちらの病院で何度もしている検査である。

まぁ画像診断の専門の先生が、いらっしゃるという事だったので、お願いする事にした。

「それでは、お預かりして、検査が終了したら、携帯にご連絡します。」

「・・・。」

 まさに「ドッグドック状態?」

初めて訪れた、所沢、右も左も判りません、一人で何をすれば良いんだろう?

 取り合えず、携帯で近隣のネットカフェを捜して、カーナビ使ってネットカフェまで移動して、待つ事に。

待つ事約5時間

電話があったので、迎えに行く事に、

所見は

 X線 エコー で明らかな異常は認められない。

 低タンパク血しょう で IBD リンパ管拡張症などの可能性が大きいが、生検しないと確定診断は出来ない、現時点では生検もあまり効果がない。

と、全く、こちらの獣医さん達の所見と同じでした、もちろん、地元の担当獣医さん達は、大変親身に診てくださっていて、とても信頼していますが、設備などの点で違う発見があるかも?
 と思って受診しましたが。
 なにも、変わりませんでした、まぁ「リンパ腫が見つかった」とかでは無かったので良しとしましょうか・・・。

 アルブミンは2.2 で前回とほぼ同値でした。

 私もウィットも、今日は疲れました。ウィットは朝ご飯も水も無しでよく頑張ってくれました、持参したお水と御飯を病院出てすぐ駐車場でペロリと平らげ少し安心しました。

 外は、もう真っ暗でした・・・

まぁ昨日までと何も変わらないと言う事で

忘れても良い、忘れられない日となりました。


SH3G0418.jpg


総合診療科 初診料 5300 1 \5,300
採血料 1100 1 \1,100
血液(血液科学9項目・CBC) 7500 1 \7,500
血液科学1項目 530 2 \1,060
凝固セット(PT,APTT,Fib) 3700 1 \3,700
尿タンパク/クレアチニン 1100 1 \1,100
画像診断科読影料 10500 1 \10,500
X線検査(大四切)1枚目 4200 1 \4,200
X線検査(大四切)2枚目以降 1300 3 \3,900
画像診断科超音波検査(腹部) 8400 1 \8,400
税込み合計     \46,760
       
タグ:病院
posted by ウィットぱぱ at 21:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康

2011年01月23日

発病はいつなのか?

 ウィットを、引き取った時は、「慢性大腸炎」と聞いていたのだが、はたして大腸炎であったのか?

 引き取り時に頂いた、病院の資料によると

平成19年6月21日
 水様性下痢 下痢止め処方 28.5kg

平成20年3月14日
 朝夕の排便のほか散歩時にしばり出すように軟便をするとの相談あり

7月 3日
 下痢をしたり硬くなったりするとのことで下痢止め処方 
28.35KG/BW
この間定期的に血液検査、レントゲン検査J、糞便検査をするも特に異常なし

平成20年3月14日

 朝夕の排便のほか散歩時にしばり出すように軟便をするとの相談あり
7月 3日 
 下痢をしたり硬くなったりするとのことで下痢止め処方 
  28.35KG
この間定期的に血液検査、レントゲン検査、糞便検査をするも特に異常
なし。

平成21年5月8日

 下痢 27.5 5 KG
以後下痢止めを投薬中は便が固まるが、中止すると軟便〜下痢となる。

12月10日
 下痢が続いていて飼育困難とのことで入院 25。75kgノBW
血液、レントゲン、糞便検査実施.低蛋白、低アルブミン血症を認める。
大腸炎と診断し、薬物療法、食事療法実施

平成22年1月12日

 食欲元気良好で使の状態もよいので退院 28.1 5 KG

という経過。

入院した時にやはり体重が激減していて、低アルブミンが、確認されている、

あまりに詳細が判らないので、何とも言えないが、この時アルブミン値はどれくらいだったのか? 投薬はおそらくプレドニゾロンではないのか?

水様性の下痢で、大腸炎との診断も解せない。

平成19年6月21日 の時点で、IBDを発症し、その後平成21年12月10日に入院した頃には「リンパ管拡張症」を併発していたのではないだろうか?
約一ヶ月の入院で何故、生検による確定診断が成されなかったのか?
やはりその前よりステロイドの投薬をしていたのではないか?

一旦症状が治まり、薬も切れて丁度一年後に再発しているとなると、やはり「リンパ管拡張症」の可能性がますます大だと思えてくる。


 徐々に、体重が増えています、今日は25.4kg体重計を買ってから2週間くらいで1.2kg増えました、このまま減薬しながら、体重復帰とアルブミン上昇となりますように。

健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年01月25日

頂上なのか?


ふっふ

ふぉっふぉっ

ふぉっふぉっふぉっ

ふぉぁーはっはっはっはっはexclamation×2



2010年11月14日
0.5

2010年11月19日
1.1

2010年11月26日
1.1

2010年11月30日
1.8

2010年12月13日
2.1

2010年12月21日
2.1

2011年1月5日
2.1

2011年1月18日
2.2


2011年1月25日

3.0

基準値(2.6-3.9) TP4.5(5.0-7.1)



 ウィットパパは遂に狂ったか? それともたまに壊れると言っていたアレか?

どう思われようと平気です。

ホントに狂いそうでした、本日の検査でアルブミンがいきなり基準値ど真ん中の3.0になっていました。
 このところ元気も日増しに良くなり、体型もしっかりしてきて体重も25.92kg(病院計測はいつも食後なので家計測よりは多目)と前回(20日前)より1.5kgアップ
ステロイドも毎週1錠づつ確実に減薬しているのに、とても良好な状態です。

 今回は先週センターで詳細検査したのでアルブミンとトータルプロテインだけでしたが、TPが4.5と若干低いのでグロブリンが低い事になりますが、前回は3.8だったので大満足な数値です。

 こうして、過去のアルブミン数値を並べてみると、治療開始してからウィットのアルブミン値は一度も下がってはいないのです。ゆっくり確実に階段を上ってきた感じでしたが、今回はあまりの上昇に驚きました、正直機械が壊れたんじゃないかと‥。(笑)
 
 ウィットは未だ、確定診断には至っておらず、もっとも確定できても、その原因が何かを特定して、それを改善、排除しなければ、この系の病気は治療できないわけですが、そこまでは不可能とされている難病。
 結局はステロイドで炎症を抑える症状の緩和という事になるので、今はあまり確定診断にはこだわっていません、ただ、今までの経過を見ても、快方に向かってきた要因はステロイドだけではなく食事も大きく影響していると思います。
 
 これほど、安定していると今は「山の頂上に近づいているのか?」と思えてきます、そう考えると「次は下り坂が待っているのか?」と言う気持ちがよぎりますが、このままいくつもの頂上をピョーンピョーンと飛び越えていけるよう、共に頑張っていきます。

 私は特殊なIT関係の業務なので休日は平日になってしまいます。
 割とこれはワンコ好きにとってはメリットもあり、色んな施設を混雑無く利用できる利点もあります。

 今日はあまりに嬉しく天気も良かったので、同僚とそのワンコ、おなじみゴールデンドゥードルのフクちゃん(6ヶ月)を急遽召集し(笑)、世界の名犬牧場にいってきました。

6ヶ月でウィットとほぼ変わらないほどまで成長したフクちゃん
「でかっ!いつのまに?」

SH3G0436.jpgSH3G0439.jpg

ウィットも元気に走り回りました。

SH3G0432.jpg

3.0スマイル LOVEアルブミン黒ハート

SH3G0433.jpg

晴れ実に気持ちの良いお天気でした。晴れ

SH3G0441.jpgSH3G0431.jpgSH3G0429.jpg


「スースーすーけど、ポカポカやねん!」何処住みだよっ!
筋肉も大分戻ってきました!

SH3G0444.jpg


再診料 500 1 \500
血液検査-一般検査 1200 1 \1,200
(内)プレドニゾロン5 50 21 \1,050
      \2,750
税込み合計     \2,887
       
健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康
ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
いってらっしゃい、ウィット
 ⇒ ウィットぱぱ (05/05)
 ⇒ あやっち (05/04)
 ⇒ ウィットぱぱ (05/01)
 ⇒ じゅりまの (05/01)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/30)
最後のふれあいデー
 ⇒ ぼに (04/19)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/19)
 ⇒ ぼに (04/19)
わかった。
 ⇒ ウィットぱぱ (04/17)
 ⇒ のび (04/07)
 ⇒ ブラママ (04/06)
ありがとう、ウィット
 ⇒ 大河ママ (03/29)
 ⇒ カレンまま (03/28)
 ⇒ ゆり子 (03/26)
 ⇒ クーパーママ (03/26)
 ⇒ ポンママ♪ (03/26)
経過
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ポンママ♪ (03/24)
 ⇒ ウィットぱぱ (03/23)
 ⇒ あやっち (03/23)
カテゴリ
最近のトラックバック
タグクラウド
過去ログ
リンク集