<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2002/2/25生まれ、パピーウォーカーに愛情たっぷりに育てられ訓練を
経て盲導犬となり8歳まで新潟にて立派に務めた後、家族となる
IBD(炎症性腸疾患)、蛋白喪失性腸炎を克服し楽しく過ごしていましたが
2014/3/25 12才の誕生日ひと月後に永眠。
--------------------------------------------------------------
検索ボックス

2010年12月31日

ステロイドの隔日服薬

 せっかく1週間以上も快便が続き、これから体重復帰も望めるかと思っていたが、朝に続き昼も夕方も下痢、昼2回目と夕方は、ほぼ水様性に近い酷い下痢だった。
 夕方の便にはうっすらと血も混じってる感じ、小腸の炎症が激しいのだと思う。

 本日は服薬日なので朝食は残したが、昼からは食欲復活、ステロイドを隔日投与するのは調べてみたが、副作用を軽減するための飲み方ではあるようだ。

http://homepage2.nifty.com/misanet/suteroido3.html

のサイトを読むとプレドニゾロンは「朝一回」もしくは「朝 昼」で全量を飲むのが良いとされている。

隔日服用の場合の注意点
隔日服用するステロイド薬の種類 隔日投与は2日に1回朝にまとめてステロイド薬を投与する方法ですがわが国ではプレドニゾロン(PSL)が用いられています。
 天然型のステロイドであるヒドロコルチゾンは、生物学的半減期が8〜12時間と短いので隔日投与には用いることができません。また、デキサメタゾンやベタメタゾンは
生物学的半減期が36〜54時間と長いので隔日に使用しても副作用は減少
しません。
隔日服用のメリット PSLは血中半減期が160〜200分、生物学的半減期が12〜36時間の中間型のステロイド薬なので、隔日投与した場合、非投与日は薬効も弱くなります。
しかし、下垂体抑制や副腎皮質機能から開放されます。
 隔日投与により軽減される副作用として、満月様顔貌(ムーンフェイス)などのクッシング症候・易感染症・下垂体副腎機能抑制がげられます。また、下垂体副腎機能抑制への影響に関しては、隔日投与法にて内因性コルチゾールレベルの基礎値の抑制がある程度みられますが、CRH負荷テストにおける反応はほぼ正常に認められます。
 隔日投与法はステロイド薬の投与期間が長期に及ぶ疾患に対して、副作用の
軽減を目的に用いられるもので、投与期間が数週間以内と短い場合には用
いても意味がありません。
連日服用から隔日服用への以降手順 1.長時間作用型のステロイド薬を用いてる場合はPSLに変更します。
2.PSLを連日朝1回投与とします。
3.連日朝1回法を隔日朝1回法へ移行させます。
4.隔日朝1回投与での1回投与量を減量していきます。

 医師の指示どおり現在毎食時に分けて与えていたが、この服薬タイミングについては、どちらの病院でも聞いた事がない、他にも調べたが大抵は「昼までに飲むべき」と書いてある。
次回尋ねてみる事にする。

 せっかく安心していた、お腹の具合だがまた、後戻り、隔日投与が良いのだろうとは思うし、医師の指導だから素人の自分は従うしかない、ただこのサイクルで投薬時以外は下痢という繰り返しなら、協議しなればならないと思う。

 明日はまた良いンチ君がでてくれれば良いのですが。

 今日は今年最後のお散歩なので、前ユーザーさんに頂いたコートを着せて散歩に行きました。コートを着せながら「来年も全力を尽くしてウィットが快方に向かうよう努力します」と前ユーザーさんに誓いました。

SH3G0380.jpgSH3G0379.jpg

 このお腹の調子では、おやつもあげられないので、大きなガムを買ってやりました、小さいガムだとすぐに食べてしまうと思うので、あげてみると、何故かこの状態で10分くらいフリーズしていました(笑)。

SH3G0381.jpg

 あまりに面白くてずっと眺めてましたが10分くらいすると、普通に噛み始めました、おそらく初めてだったんでしょうね。
 レトリーバー系なら大抵これくらい30分もしないうちに、完食してしまいますが、囓るだけで原型を留めたまま…20分くらいで取り上げました。
 嬉しそうだったので、またたまに噛ませてやろうと思います。

服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド 9
パナケアプラス 消化酵素
ビクタス40 抗生物質 2
ビオフェルミンS 乳酸菌
MEMO 本日よりステロイド9錠+抗生剤 隔日投与
 
 
 
食事
  g kcal/g kcal
サイエンスダイエット7歳以上 60 3.67 220.2
Rカナン消化器サポート高繊維 60 3.33 199.8
      0
      0
カロリー   420
サイエンスダイエット7歳以上 60 3.67 220.2
Rカナン消化器サポート高繊維 60 3.33 199.8
      0
      0
カロリー 完食 420
サイエンスダイエット7歳以上 60 3.67 220.2
Rカナン消化器サポート高繊維 60 3.33 199.8
      0
      0
カロリー 完食 420
おやつ       0
トータルカロリー 1,260
MEMO 朝食は10%ほど残す。
 
 
 
ンチ君
夜中 40 2回目  
40 2回目  
30 2回目 20
20 2回目  
MEMO 夕方の便には多少血が混じっていた炎症が激しい模様。
 
 
 
お散歩
歩数 6,015   距離 4.63 km
MEMO 今日はステロイド投薬のせいか元気もありゆっくりながらこける事もなく歩いた。
 
 
             
タグ:
posted by ウィットぱぱ at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
ウィットパパさんも、ウィットくんものんびりがんばって下さい。
寒くても、毎日お散歩に連れて行ってもらって、ウィットくんは幸せですね。
新年が皆様にとって良い年となるよう、またウィットくんの体調が安定するよう祈っています。
Posted by ジュリのママ at 2010年12月31日 23:51
ジュリのママさん

ありがとうございます!、丁度このコメントが書き込まれた時に私もジュリちゃんのブログを読んで、ほっこりしておりました。
 毎日の更新大変だとはおもいますが、これもジュリちゃんと一緒に暮らせる幸せな時間を少しでも書き留めておきたいというママさんの愛情の証だと、いつも拝見して、また元気いっぱいのジュリちゃんの写真に励まされております、今年もよろしくお願い致します。
Posted by ウィットぱぱ at 2011年01月01日 14:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42329545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
いってらっしゃい、ウィット
 ⇒ ウィットぱぱ (05/05)
 ⇒ あやっち (05/04)
 ⇒ ウィットぱぱ (05/01)
 ⇒ じゅりまの (05/01)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/30)
最後のふれあいデー
 ⇒ ぼに (04/19)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/19)
 ⇒ ぼに (04/19)
わかった。
 ⇒ ウィットぱぱ (04/17)
 ⇒ のび (04/07)
 ⇒ ブラママ (04/06)
ありがとう、ウィット
 ⇒ 大河ママ (03/29)
 ⇒ カレンまま (03/28)
 ⇒ ゆり子 (03/26)
 ⇒ クーパーママ (03/26)
 ⇒ ポンママ♪ (03/26)
経過
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ポンママ♪ (03/24)
 ⇒ ウィットぱぱ (03/23)
 ⇒ あやっち (03/23)
カテゴリ
最近のトラックバック
タグクラウド
過去ログ
リンク集