<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2002/2/25生まれ、パピーウォーカーに愛情たっぷりに育てられ訓練を
経て盲導犬となり8歳まで新潟にて立派に務めた後、家族となる
IBD(炎症性腸疾患)、蛋白喪失性腸炎を克服し楽しく過ごしていましたが
2014/3/25 12才の誕生日ひと月後に永眠。
--------------------------------------------------------------
検索ボックス

2011年03月04日

無邪気なシニア同士

 今日は、冬の寒さが戻ってきた感じで、なかなか晴れてはくれず曇り、迷ったのですが、予約してビバホームにシャンプーしに行く事にしました。

 予約の時間まで暇があったので、ドッグランへ、天気が悪いせいかドッグランは貸し切り状態。


 あまり一人では遊ばないウィットだが、まぁ匂いとりしながら、ノーリードでのんびり歩いてもらおいと、ランに移動。

 ランスペースには、色んなオモチャやボールが置いてあるのですが、なんかいつもと違って、妙にオモチャやボールに反応exclamation、いつもは見向きもしないのに、

こんな、ちょっと必死系?なウィットは初めて。。。

 DSCF1518.JPG

ボールを噛むなんて…

DSCF1519.JPG

不思議系な怪獣も・・・黒ハート

DSCF1521.JPG

どうしたんだ?もしかして俺と遊んでくれるの?

DSCF1520.JPG

 ウィットはボール投げで遊ぶと言う事を、おそらく知らなかった感じで、家に来た最初からボールを投げても一切反応しませんでした。

 結局投げたボールは自分が取りに行かないといけないので、疲れるのであきらめます(笑)、そしてとても空しい感じになりますあせあせ(飛び散る汗)

 よく「ボール投げで遊んでやる」と言いますが、
「遊んでもらってる」のは人間のほうじゃないのか?

と最近つくづく感じていました。

 そのウィットが、今日は初めて「ボール投げで私と遊んでくれました」

 犬が投げたボールを拾ってくる光景など、実に普通でありふれた光景なのでしょうが、おそらく9歳になってやっと無邪気にボール遊びをするウィットを残しておきたいと携帯のカメラで動画撮影しました。



 かなり遊んだ後半に撮影したので、戻る時は歩いてますが、前半は楽しそうに、走ってボールをくわえて帰ってきました。

 走れるようになってくれただけでも、嬉しいのに・・・

 思わず涙が出たのは、最近ぼちぼち始まった花粉症のせいでは無かったと思います。

 きっと、「そろそろ 遊んでやるとするか?」と、思ってくれたのでしょう。

ありがとうございます!ウィット

 そして、ビバホームのセルフウォッシュ

そろそろアンダーコートが抜け始めるシーズンなので
シャンプー前にファーミネーターでアンダーコートをとりました。
かなり取れました、サッカーボールくらい・・・汗

SH3G0011.JPG

胸元に若干オハゲが・・・ファーミネーターはしていません、ステロイドの影響かな?

SH3G0013.JPG

シャンプー中はウィットらしく

「モンモン面」

SH3G0014.JPG

前ユーザーさんのヘルパーさんに頂いた吸水タオルが毎回重宝しています。

見かけの割には非力なドライヤーよりよっぽど優秀です。

ありがとうございます!

SH3G0017.JPG


健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月07日

血液検査…

2週間ぶりの血液検査でした。

 前回より、アルブミンが0.3 TPが0.4減少、なかなかグロブリンが上がってくれない。

ほぼ適正値に近いので、気長に観察していこう。

 GPT/ALTが前回の345から136に下がって、かなり適正値に近づいた、肝臓への負担は大分軽減されてきているようで、これはかなり安心出来る結果だ。


項目適正値今回前回考えられる主な疾患
増加減少
BUN
尿素窒素
9.1 - 31.930.6
25.1高タンパク ステロイド投与タンパク欠乏 肝障害
CRE
クレアチニン
0.5 - 1.4///0.7腎障害著しい筋肉減少
Ca
カルシウム
7.9 - 12.2///9.9悪性腫瘍 高蛋白低アルブミン
TP
総タンパク
5.0 - 7.14.54.9高蛋白消化吸収不良
ALB
アルブミン
2.6 - 3.92.83.1脱水タンパク喪失性腸症
GLO
グロブリン
2.4 - 3.21.71.8感染症・肝炎・腫瘍免疫不全
A/G比0.45-1.191.641.72ネフローゼ・肝臓病・栄養障害リウマチ・多発性骨髄腫
GOT/AST16 - 49///33肝障害 
GPT/ALT23 - 89136345肝炎 貧血 
ALP68-318 /// 184肝障害 ステロイド 
 
 貧血状態からは完全に離脱出来たようだ、血球検査のほうは、理想的な状態。

項目適正値今回前回説明
RBC M/μL
赤血球
5.50 - 8.505.88
5.64貧血で減少し脱水などが原因で血液が濃縮すると減少
HCT %
ヘマトクリツト
37.0 - 55.04342.3
HGB g/dL
ヘモグロビン濃度
12.0 - 18.014.714
MCV fL
平均赤血球容積
60.0 - 77.073.3751個の赤血球の平均容積
MCH pg
平均赤血球ヘモグロビン量
18.5 - 33.02524.91個の赤血球内の平均ヘモグロビン含量
MCHC g/dL
平均赤血球ヘモグロビン濃度
30.0 - 37.534.133.11個の赤血球内の平均ヘモグロビン含量平均値
RDW %
赤血球分布幅
14.7 - 17.914.814.8 
RETIC %
綱赤血球数
 0.80.9 
WBC K/μL
総白血球数
5.50 - 16.909.8511.26 
NEU K/μL
好中球数
2.00 - 12.007.188.73 
LYM K/μL
リンパ球数
0.50 - 4.901.010.83 
MONO K/μL
単球数
0.30 - 2.001.171.21 
EOS K/μL
好酸球数
0.10 - 1.490.470.46 クッシングにより減少する
BASO K/μL
好塩基球数
0.00 - 0.100.030.04 
PLT K/μL
血小板数
175 - 500502533 


 体重は先生も驚きの29.2kg、触診の結果も異常なし健康そのものな感じと言う事で安心。

 耳の掃除は毎日しているのですが、CCDカメラで見てみると結構マラセチア菌が繁殖して、軽い外耳炎をおこしていたので、外耳の洗浄点耳薬の塗布をしてもらったが、さすがのウィットも、ちょっと嫌な感じで軽く抵抗していました。


健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年03月08日

急変…押し寄せる不安。。。

 昨日病院から帰って、雨のため軽い散歩を済まし、お昼は、いつも通りパーフェクトなンチ君でした。

 食事もいつも通り完食、元気もよくのんびりとしていました。

 そして、夜中のワンツー散歩で、いつものように、ワンツー袋を手袋代わりに、キャッチしようと構えたところ、最初に「ボテッ」と嫌な感触が・・・

 そして泥状の下痢、「ゆるい」とかそんなレベルではない、明らかに小腸性の下痢でした。

 あまりにも急なことで、混乱しました、たった数時間前には完璧なンチ君だったのですから・・・、走馬燈のように今までの「悪しき記憶」が甦りブログや健康データをチェックするも気休めにもならず。

 どう考えても、このタイプの便が出た時は、最悪な状態が続くのは想像がつく。

 良い予感というのは、裏切られる事が多いが、悪い予感というのは、ほぼ間違いなく当たる。

 朝には、完全に水様性便、元気はすこぶる良いので、昨日雨であまり散歩出来なかったストレスもあるかな?とちょっと遠出して、思いっきり天気の良い公園で散歩するも、公園でまた水様性下痢

 昨日29.2kgだった体重、やっと戻った体重はまた急降下していくのか?、アルブミンは?・・・もう留めもなく押し上げる不安でパニック寸前である。

 ウィットのためと言うより、自分に冷静さを取り戻すためにも、昨日に引き続き病院へ

 受付で看護師さんも「どうされました?」とビックリ。

 先生もビックリ。

 体重は1日で0.8kg減の28.4kg

 状況を説明して、「またステロイド増薬か?」との相談をしたが、これだけ検査の状態も良いので、今の抱えている病気による、急変はどうしても考えにくい、「ストレス性の腸炎」ではないだろうか?

 との事で、ステロイド増薬はせずに、食事量を減らして様子を見ましょうとの事。

 「ブスコバン」と胃薬「ファモチジン」を処方される。

 これが一時的な物であって欲しいと言う願いは私もあるが、今までの経過から、この下痢がブスコバンで治まるとはとても思えなかった。

 しかし、希望を持って、このまま下痢が改善してくれるよう願う以外にほかはない。


服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド
ブスコバン 下痢止め 4
ファモチジン 胃薬 6
     
MEMO 今週は朝1.5錠隔日に減薬。(隔日4回)
ブスコバン朝夕2錠 ファモチジン朝夕3錠
 
 
 
食事
体重(朝食前) 28.4 kg 前日 29.2 kg
  g kcal/g kcal
      0
オリジン シニア 90 3.7 333
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 402
      0
オリジン シニア 90 3.7 333
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 402
      0
オリジン シニア 90 3.7 333
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 402
おやつ スキムミルク 20 3.56 71
トータルカロリー 1,277
MEMO  
 
 
 
ンチ君
夜中 30 2回目  
30 2回目  
0 2回目  
0 2回目  
MEMO  
 
 
 
お散歩
歩数 4,743   距離 3.64 km
MEMO  
 
 
             

再診料 500 1 \500
ブスコバン 50 12 \600
ファモチジン 70 18 \1,260
      \2,360
      \2,478
       
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年03月09日

招かざるリピーター

 結局、今日も一度もまともな排便もなく、すべて水様性下痢、ブスコバンは予想通り全く効いている感じはないが、一応もらった分が無くなるまでは与えてみよう。

 またあの日からやり直しなのだろうか? 何か原因がはっきりせず、あまりにも急な下痢。フードもフリカケワンもなにも変わっていない。
 
 変わったとすればやはりステロイドの量、とはいえ隔日2錠から1.5錠になっただけで、これほど急激に?しかも下痢が始まったのは休薬日ではなく投薬日。

 今日は、投薬日だったが、全く改善されない。 元気は相変わらずあるし食欲も旺盛なのだけど、今日はフードの量を半分で様子見。

 絶食も考えたが今日は投薬日だったため、それはやめて半量の食事にしてみた。

 明日全く症状が変わらなければ、再度血液検査の上、ステロイド投薬量調整について医師と検討するしか方法はないだろう。

 ずっと与えてきたスキムミルクへの急なアレルギーも考えられなくは無いので、要素排除のため今日はミルク無し。

 こんな状況はリピートして欲しくないな、 御飯少なくてゴメンね!ウィット、がんばってな!


服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド 1.5
ブスコバン 下痢止め 4
ファモチジン 胃薬 6
     
MEMO 今週は朝1.5錠隔日に減薬。(隔日4回)
ブスコバン朝夕2錠 ファモチジン朝夕3錠
 
 
 
食事
体重(朝食前) 28.6 kg 前日 28.4 kg
  g kcal/g kcal
      0
オリジン シニア 30 3.7 111
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 180
      0
オリジン シニア 60 3.7 222
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 291
      0
オリジン シニア 30 3.7 111
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 180
おやつ       0
トータルカロリー 650
MEMO  
 
 
 
ンチ君
夜中 0 2回目  
0 2回目  
0 2回目 0
0 2回目  
MEMO  
 
 
 
お散歩
歩数 2,263   距離 1.74 km
MEMO  
 
 
             
タグ:下痢
posted by ウィットぱぱ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2011年03月10日

親子でブスコパン

 昨日は全く水様性下痢が治まらず、また魔のループに逆戻りか?と覚悟を決めていたが、夜中のワンツーで50点クラスつまり軟便と呼べるくらいのンチ君がお目見え。

 朝には柔らかいが形になる程度の60点クラス、昼は2回めが若干劣るものの同じ程度。

 体重は0.4kg減ったが下痢の上に食事減量しているのだから、当然の結果。

 これは、喜べる兆候です、今日は休薬日、作用時間の少ないプレドニゾロンは完全に効果のない状況で、水様性から軟便に変わっていると言う事は、今回の下痢は腸の炎症からくるものではない可能性が大

フードへの突発性アレルギーも考えたが同じ食事内容で量を減らしただけなので、これも考えにくい、やはりストレス性の腸炎(過敏性胃腸炎)であったのかなと思う。
 
 夕方はワンだけでツーは無かったので頻便でもないようだ、となると、スタンダードな下痢時の対応で良いかと、処方されたブスコパン ファモチジンに 毎食強力わかもとビオフェルミンをプラス、毎食量も10gずつ増量した。

 ウィットのタンパク吸収に効果を発揮していると思われる、スキムミルクも再開、毎日おやつ代わりに非常にミルクを楽しみににしていて、昨日も、おやつの時間には、刺すような視線に苛まれた・・・

 原因がストレスであれば、「食=生きがい」のウィットには、食事の減量、おやつなしなど、かなりのストレスになるのではないか?とも思った←半分はタダの親バカ・・・

 ブスコパンも効果があったのかな?と少し見直す。

 今日昼の散歩に出かけた直後、私のお腹に刺すような痛みが・・・

そして便意が・・・、早めに散歩を切り上げトイレに・・・30点・・・

 いつも本当にすみません・・・お下品で・・・

 どうやら、ここ数日の事で私も過敏性胃腸炎?? 取り合えず救急箱を覗いてみると、ありました「ブスコパン」・・・

 ウィットにも効いてくれたんだから俺も・・・←基準はそこなのか?

左がウィットのブスコパン
右がぱぱのブスコパン・・・

SH3G0002.jpg

 このブスコパン10mgはDSで20錠入り1200円で売ってます。 となると1錠あたり60円

 先日病院で処方されたのは1錠あたり50円・・・動物病院って割と健全なご商売をされているのだなぁと思いました。

 しかし、服薬量は成人1回1錠 一日3回  
 ウィットは1回2錠 一日二回

 1日トータルでは勝るものの、一回の服薬量は、ウィットに負けた・・・←勝ち負けの問題か?

 取り合えず私の腹痛は治まりました、その後の点数に関しては、割愛致します。(笑)

 さぁ ウィットまた100点目指して、 のんびり楽しくやっていこうね!


健康管理メモへ
タグ: 下痢
posted by ウィットぱぱ at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康
ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
いってらっしゃい、ウィット
 ⇒ ウィットぱぱ (05/05)
 ⇒ あやっち (05/04)
 ⇒ ウィットぱぱ (05/01)
 ⇒ じゅりまの (05/01)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/30)
最後のふれあいデー
 ⇒ ぼに (04/19)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/19)
 ⇒ ぼに (04/19)
わかった。
 ⇒ ウィットぱぱ (04/17)
 ⇒ のび (04/07)
 ⇒ ブラママ (04/06)
ありがとう、ウィット
 ⇒ 大河ママ (03/29)
 ⇒ カレンまま (03/28)
 ⇒ ゆり子 (03/26)
 ⇒ クーパーママ (03/26)
 ⇒ ポンママ♪ (03/26)
経過
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ポンママ♪ (03/24)
 ⇒ ウィットぱぱ (03/23)
 ⇒ あやっち (03/23)
カテゴリ
最近のトラックバック
タグクラウド
過去ログ
リンク集