<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
2002/2/25生まれ、パピーウォーカーに愛情たっぷりに育てられ訓練を
経て盲導犬となり8歳まで新潟にて立派に務めた後、家族となる
IBD(炎症性腸疾患)、蛋白喪失性腸炎を克服し楽しく過ごしていましたが
2014/3/25 12才の誕生日ひと月後に永眠。
--------------------------------------------------------------
検索ボックス

2011年02月01日

血液検査

 病院に血液検査に行きました。

 投薬日でしたが、投薬前に測定。

 若干ガッカリだったのが、覚悟はしていましたが、アルブミンが2.8と前回の3.0より0.2下がりました。
一応適正値内ですが、下がったのは初めてだったので、ちょっとショック。
 総タンパクは4.4と依然低いです。

項目 適正値 今回 前回 考えられる主な疾患
増加 減少
BUN
尿素窒素
9.1 - 31.9 21.3 13.2 高タンパク ステロイド投与 タンパク欠乏 肝障害
CRE
クレアチニン
0.5 - 1.4 0.7 0.4 腎障害 著しい筋肉減少
Ca
カルシウム
7.9 - 12.2 10.0 8.4 悪性腫瘍 高蛋白 低アルブミン
TP
総タンパク
5.0 - 7.1 4.4 4.5 高蛋白 消化吸収不良
ALB
アルブミン
2.6 - 3.9 2.8 3.0 脱水 タンパク喪失性腸症
GLO
グロブリン
2.4 - 3.21.61.5感染症・肝炎・腫瘍免疫不全
A/G比0.45-1.191.752.0ネフローゼ・肝臓病・栄養障害リウマチ・多発性骨髄腫
GOT/AST 16 - 49 24 27 肝障害  
GPT/ALT 23 - 89 166 276 肝炎 貧血  
 
 TPからALB値を引いた物がグロブリン値になるので、今回はGLO1.6
A/G比は1.75 適正値は調べた所かなり、まばらなので1.75でも適正内とする所もあり。
 
 ステロイドの影響かまだまだGPTは高いが前回より110も下がって肝臓への負担も緩和されている感じ。
 
 
項目 適正値 今回 前回 説明
RBC M/μL
赤血球
5.50 - 8.50 4.70 4.75 貧血で減少し脱水などが原因で血液が濃縮すると減少
HCT %
ヘマトクリツト
37.0 - 55.0 35.0 3.51
HGB g/dL
ヘモグロビン濃度
12.0 - 18.0 13.1 12.4
MCV fL
平均赤血球容積
60.0 - 77.0 74.5 73.9 1個の赤血球の平均容積
MCH pg
平均赤血球ヘモグロビン量
18.5 - 33.0 27.9 26.1 1個の赤血球内の平均ヘモグロビン含量
MCHC g/dL
平均赤血球ヘモグロビン濃度
30.0 - 37.5 37.4 35.3 1個の赤血球内の平均ヘモグロビン含量平均値
RDW %
赤血球分布幅
14.7 - 17.9 15.0 15.4  
RETIC %
綱赤血球数
  1.2 0.8  
WBC K/μL
総白血球数
5.50 - 16.90 19.33 11.6  
NEU K/μL
好中球数
2.00 - 12.00 15.78    
LYM K/μL
リンパ球数
0.50 - 4.90 1.07 0.4  
MONO K/μL
単球数
0.30 - 2.00 1.91 1.68  
EOS K/μL
好酸球数
0.10 - 1.49 0.54 0.19  クッシングにより減少する
BASO K/μL
好塩基球数
0.00 - 0.10 0.04 0.05  
PLT K/μL
血小板数
175 - 500 681 466  

 血球検査は、依然 貧血でした、綱赤血球数が1.2%でしたが、これが1%以下だと再生不良性貧血が疑われるとの事、
前回0.8だったので少し安心。

 体重も病院測定では26.74kgと0.8kgアップ、確実に増えています。

 元気も、日増しに出てきて、今日はなんと、また自力でジャンプして車の荷台に飛び乗れるようになりました。ひらめき
筋力もどんどん復活しているようで、安心です。

DSCN0923.JPGDSCN0933.JPGDSCN0922.JPG

再診料 500 1 \500
血液検査-血球 2500 1 \2,500
血液検査-生化学 7項目 3000 1 \3,000
(内)プレドニゾロン5 50 28 \1,400
      \7,400
税込み合計     \7,770
       
健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2011年02月03日

血液関係

講座3 貧血の分類と診断 その1

貧血は大きく分けて再生性貧血と非再生性貧血に分類されます。前者の原因には溶血性貧血と急性出血、分布異常があり、後者の原因は骨髄の赤芽球の減少によるものと赤芽球の成熟障害により成熟過程で壊れてしまう、いわゆる無効造血によるものがあります。無効造血によるものはさらに細胞質の成熟障害によるもの、すなわちヘモグロビン合成障害によるものと核の成熟障害によるものに別けられます。貧血の診断手順としてはまず網赤血球数により再生性か非再生性かに分類します。

網赤血球は多染性赤血球と同じなのでこれにより評価してもさしつかえありません。犬の網赤血球は1種類ですが、猫の網赤血球は2種類(点状型、凝集型)あるいは3種類(点状型、斑状型、凝集型)に分類されます。点状型や斑状型は急性失血後10-20日目にピークとなり、その後4週間循環血液中に存在するため赤血球のその時点での再生の指標としての価値は低く、一方凝集型は急性失血後4-7日でピークとなるため、再生の指標として有効で猫の多染性赤血球はこれに相当します。網赤血球の評価は相対的評価(修正網赤血球%)、絶対的評価(実数)、網赤血球指数(RPI)のいずれかにより行います。再生性貧血は修正網赤血球が1%以上、網赤血球が60,000/μl以上、RPIが2以上のいずれかの所見により診断されます。修正網赤血球(%)=網赤血球(%)×PCV(%)/45%(猫35%)

講座4 貧血の分類と診断 その2

再生性貧血と診断された場合は溶血、 急性出血、 脾機能亢進が疑われます。 溶血性貧血のうち,免疫介在性, ハインツ小体性, ヘモバルトネラ症, バベシア症などが比較的よく遭遇する疾患です。

溶血性貧血の特徴的な臨床検査所見としては

  1. 間接ビリルビンの上昇(1mg/d 以上、 総ビリルビンの50%以上)
  2. ハプトグロビンの減少(血管内溶血)
  3. LDHの上昇, アイソザイムは1,2の上昇
  4. 骨髄の赤芽球系細胞の過形成

などが共通の所見として見られます。その他、発熱、黄疸、血色素血(尿)症などもよく認められる所見です。

各種溶血性貧血の鑑別診断は、赤血球の形態学的観察により行います。球状赤血球は免疫介在性溶血性貧血,破砕赤血球は細血管障害性溶血性貧血,有棘赤血球は肝障害時のspur cell anemiaの特徴です。赤血球の内部構造によりバベシアやヘモバルトネラ, ハインツ小体を鑑別します。 直接クームス試験はヘモバルトネラ症やハインツ小体性貧血, バベシア症でも陽性になることがあるので免疫介在性溶血性貧血の特異的検査とはなりません。

講座5 貧血の分類と診断 その3

再生不良性貧血は多能性造血幹細胞の量的ないし質的欠陥によって骨髄ならびに末梢血中の赤血球系、 顆粒球・単球系、 血小板系の造血3系統の未成熟細胞ならびに成熟細胞が減少した状態をいい、末梢血の汎血球減少症と骨髄の低形成を特徴とする疾患です。続発性のものには薬剤、 放射線、感染、ホルモンによるものなどがあります。特発性再生不良性貧血の発生機序には免疫学的機構が関与していると考えられています。

臨床所見は貧血による運動不耐性、 沈鬱。血小板減少による出血傾向(出血斑)。白血球減少による発熱などが認められます。 末梢血は正球性正色素性非再生性貧血、 好中球減少症、 血小板減少症すなわち汎血球減少症を認める、通常骨髄は著しい低形成を示し、脂肪組織が大部分を占め、3系統の細胞ともに減少しますが特に巨核球はほとんど消失しているのが特徴です。 芽球の増加や異型細胞の浸潤、 形態学的異常は見られません。また、相対的なリンパ球、 プラズマ細胞の増加が認められます。 特発性の治療は免疫抑制療法とサイトカイン療法が中心に行われます。

再生不良性貧血と非生性性貧血の鑑別
網赤血球数を算定することにより鑑別する。通常犬では網赤血球指数(RPI)によって、RPI<2:非再生性貧血、RPI>2:再生性貧血と判断する。RPIが1〜2の場合は貧血に対して不十分な反応があると解釈できる。
    RPI=網赤血球(%)×PCV値÷45÷{(45−PCV値)×0.05+1}

次項有この計算式に2月1日の 網赤血球 1.2 PCV値 35 を当てはめると
 RPIは0.62となる・・・あれ? 非再生性貧血なのか? 


血液中の赤血球の体積や色の濃さを測定  赤血球指数とも言う  単位 :

MCV:平均赤血球容積 ・・・・ 赤血球の体積
MCH:平均赤血球血色素量 ・・・・ 赤血球に含まれるヘモグロビンの量、色の濃さ
MCHC:平均赤血球血色素濃度 ・・・・ 赤血球の容積に対するヘモグロビンの割合

MCV : MCH : MCHC 基準値(正常値)

MCV : 83〜101(fl)   MCH : 27〜34(pg)   MCHC : 30〜36(%)

MCV : MCH : MCHC 高い値

高い数値MCV : 102 以上    ≪疑われる疾患≫
MCH :  34 以上   葉酸欠乏症貧血、ビタミンB12欠乏症貧血
MCHC : 37 以上   など

MCV : MCH : MCHC 低い値

低い数値MCV : 82 以下   ≪疑われる疾患≫
MCH : 26 以下   鉄欠乏症貧血、慢性疾患に伴う貧血
MCHC : 29 以下  など
  • 赤血球数と血色素で 重要度が決まります。数値が異常な場合は 精密検査が必要です。
    肝障害、腎性貧血、白血病、感染症、ビタミンB12欠乏貧血 などが疑われます。

網状赤血球数とは?

赤血球は骨髄でつくられますが、血液中に入る前にいくつかの段階を経ます。網状赤血球とは、成熟した赤血球の一段階前の未熟な状態のものをいいます。色素で染めて顕微鏡で観察すると、RNAという物質が網目状に見えるのでこのように呼ばれています。
赤血球の寿命は約120日ですが、網状赤血球は2日以内に成熟した赤血球になります。

イラスト

網状赤血球数を調べると何がわかるのか?
網状赤血球は、赤血球の骨髄での産生状態を表すので、貧血など、血液をつくるもとが関係している病気を調べるためには欠かせません。また、抗がん剤や放射線療法の副作用で造血機能の低下が起こることもあるので、それを調べる上でも役立ちます。

網状赤血球数はどのように検査するのか?
以前は、採取した血液を一滴だけガラスの上に採り、色素で染色して、顕微鏡で見ながら赤血球1000個中に網状赤血球がいくつあるかを数えていました。
しかし、最近では網状赤血球数を計測できる自動血球計数器で測定することが多いです。
検査当日の朝、絶食する必要はありませんし、そのほかの制限もありません。

基準値
網状赤血球数の測定値は、赤血球数に対する比率(%)で表し、基準値は0.5〜1.5%です。
また、骨髄での造血能力を知るためには、網状赤血球数の絶対数も把握する必要があります。
具体的な数字で見てみると、比率が同じ1.0%でも赤血球数が500万/μlの場合では5万/μlですが、250万/μlの貧血状態では2.5万/μlで、造血能力は半分になり、相対比率だけでは正しく把握できないこともあるためです。

網状赤血球の絶対数の基準値は、男性が8000〜11万/μl、女性は8000〜12.5万/μlで、自動血球計数器では比率と絶対数が同時に測定できるようになっています。

検査結果の判定
網状赤血球数が増加している場合は、骨髄で赤血球がさかんに作られていることを示しています。
例えば、赤血球が破壊(溶血)されて貧血が起こっているときは、それを回復させようと、骨髄で赤血球数の産生が増すとともに、網状赤血球も増加します。ですから、溶血性貧血では網状赤血球数が6〜7%と著しく増加します。

赤血球が出血で減った場合も、それを補うために骨髄で赤血球を作るので、網状赤血球が増えることがあります。また、巨赤芽球性貧血や骨髄異形性症候群のように、骨髄で母細胞が壊される病気でも増加を示します。
一方、網状赤血球数が減少している場合は、骨髄での造血機能が低下していることを示しています。最初に疑われる病気は再生不良性貧血ですが、急性白血病や抗がん剤治療の後で骨髄機能が弱っている場合などでも減少することがあります。

異常があったらどうするか?
一般に貧血があってもこの測定値が高いほうが治りやすいとされていますので、数値が低値のほうが注意が必要です。血小板数白血球数骨髄穿刺などのさらに詳しい検査を行なって、病気を診断し、専門的な治療を受けましょう。
なお、溶血性貧血や出血では、骨髄の造血能力が抹消血の網状赤血球数に反映されるまでにおよそ1週間かかりますので、この時期に再度検査する必要があります。

異常な場合に疑われる病気
  • 高値…溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血など
  • 低値…再生不良性貧血、骨髄線維症、急性白血病など

タグ:勉強
posted by ウィットぱぱ at 02:39| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ

2011年02月04日

鉄と貧血

 ウィットの貧血は再生性貧血との事でしたので、色々調べましたが、やはり消化吸収がうまく機能していなかった時期が長かったため、栄養失調による物だと思われます。 その中でも80%くらいは「鉄欠乏性貧血」ということで、鉄分の補給が必要の用です。

 単純に「ヘム鉄」のサプリを飲ませるというのも一つの手段だとは思いますが、やはり食べ物として吸収させたいと思い、セレクトしたのが

ひじき(長崎産)長崎はたまたまでこだわりは無し(笑)。

栄養素名割合
26%
ビタミンK25%
食物繊維総量13%
カルシウム12%
マグネシウム11%
カリウム8%
ビタミンB25%
他の栄養素は5%未満


レバーなども良いみたいですが、ウィットはあくまでもドライ主食なのでトッピングとして、低カロリーな物を考えた結果です。

プルーンも鉄分豊富ですが、何しろプルーンは便秘の親友とされてる代物なので怖すぎてパス。

 ただ、この「ひじき」消化率の悪さは「目に見えて」明かですあせあせ(飛び散る汗)、乾燥状態では塩分が多いので水戻しして、すり鉢で根気よくペースト状にすりつぶして、昨日から与えてみた所。


私のハードなンチ君監査も見事クリア、「ひじき!リボーン!」なんてこともありませんでした。

 まぁ目視できることと、消化できてるかどうかは、別の問題だとは思いますが。

フードプロセッサーやミキサーを使っても良いのですが、

この方が「気が送れる」気がして・・・

実際は「気が休まる」だけかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)

SH3G0451.jpg

ラブラドールの「まずは喰ってから考える」気性を持ってしても・・・

「なにこれ?興味ないしっ!」

フードに混ぜればもちろん完食ですが・・・

SH3G0452.jpg
タグ:食事
posted by ウィットぱぱ at 21:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康

ひさポカ!

 久々に昼は10度以上でポカポカな日和だったので、河原に行って来ました。

到着冷静?

DSCF1367.JPG

「うひょ!水〜」

なんかスイッチ入った?・・・いくらぽかぽかとは言え・・・

「ノーーーーー」

DSCF1368.JPG

「片手だけなら?よかろうもん?」

「え?ってか、両手しっかり入ってるし・・・」

DSCF1372.JPG

「ちぇっ またそげなこまかこと しゃぁしかー」

もっと暖かくなったらね で、なんで博多弁?

DSCF1373.JPG

「スースーがポカポカ」

よかったねぇ

DSCF1385.JPG

「最高!」

うん うん!

DSCF1381.JPG

「ん?」

「いや、いいんですけどね、人間は石の上にずっと立ちっぱなしな訳で、
いや、いいんですけどね!」

DSCF1390.JPG


健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月09日

雪とウクレレ

 ステロイドも隔日4錠になりましたが、ンチ君も元気も絶好調です、体重も27kgになりました。
 先生は3錠くらいからが勝負だと言っておられたので、このままスムーズに減薬出来ますように!

 今日は朝からめづらしく雪でした、うっすらと積もった感じで、ウィットもちょっと暖かくして出動。

大抵のワンコはフードを被せても嫌がって直ぐはずすのですが、
ウィットは割とフードが好きです。
食べるほうも、かぶるほうも・・・

SH3G0456.jpg

パーカーというより全身タイツっぽくて、若干お間抜けなビジュアル。

「好きでやってんじゃないわっ!ほっとけ!」

SH3G0457.jpg

 元々、すっと新潟でお仕事をしていたウィットですから、これくらいの雪はめづらしくも何とも無いでしょう。
 お昼にはほとんど溶けていました。

 今日は月に一度のウクレレのレッスンがあったので、ウィットも一緒に行きました、最初は外で待たせていたのですが、スクールのオーナーも犬好きなので、「盲導犬なんだから何の問題もないです、中で待っていていいよ」との事でウィットも教室に一緒に入れてもらいました。

割と初めての場所が好きなウィットですが行儀良くちゃんと待っていてくれました。

DSCF1393.JPG

私のレッスンを見学中

DSCF1394.JPG

オーナと私の先生と一緒に記念写真。


DSCF1396.JPG


健康管理メモへ
タグ:ウクレレ
posted by ウィットぱぱ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月11日

フードの保存

 「オリジン」でとても調子が安定しているので、今回はしばらく、続けられそうな予感がして、思い切って13.5kg注文しました。 ウィットが来てから10kg以上のサイズを買ったのは初めてです。
 また急に「オリジン」も合わなくなる可能性も充分にあるのですが、13.5kgでも2ヶ月分なので、最後まで食べきれると良いのですが。
 
 一応合わなくなった時の為に次期候補のフードも少量づつ購入しておきました。

 私が知らないだけかもしれませんが、このあたりでは、あまりプレミアムフードを置いている所が無く、あっても1kg袋とかなので、今回も通販で購入しました、いつも通販なのでやはり、送料などの面でも、大袋のほうがかなり割安です。

 オリジンは、アルミ真空パックになっていて封を切るまでは、巨大な「雷おこし」みたいです・・・汗。

ウィットの場合は大喜びで枕にもしてくれます・・・

「LOVEオリジン黒ハート

DSCF1398.JPG

「どうなさる、おつもりで?」

DSCF1401.JPG

 プレミアムフード系は、防腐剤や酸化防止剤を極力使っていないので、非常に酸化しやすいです。

 なるべく開封後1ヶ月以内に使い切った方が良いとされていますが、今回買ったのは2ヶ月分、昔からやっていた事ですが、大袋を買った時は、開封時に即半分(1ヶ月分)を、布団圧縮袋に入れて、真空パックします。
 もちろん、この程度で完全真空にはなりませんが、今までこの方法でパックした後何度も、色、状態、匂い、味(汗)等チェックしましたが、梅雨時期や夏でも、問題はありませんでしたので、良い方法ではないかとは思っています。(お勧めしている訳ではありません。)

シングル布団用半分で約7kgが収まりますので、袋に入れて半分に寄せて均一な厚さにします。

DSCF1403.JPG

均一な厚さにしたら半分で折り返します。

「喰わせろ!」

DSCF1406.JPG

掃除機で空気を抜くと3cm厚くらいのシート上になります。

「喰わせろっ!」

DSCF1408.JPGDSCF1410.JPG

「しばらく余韻に浸って良い?」

DSCF1409.JPG

あとは押入やベットの下などなど冷暗所に保管
薄いので収納は便利です重さは7kgありますけど(笑)。

残りはとっておいた、チャック付きのフードの空袋に小分けして、ついでに掃除機で空気を抜いておきます。
こちらもペッタンコになって、場所取らなくて便利です。

「これは、喰って良いの?ねぇ良いの?」

DSCF1413.JPG


健康管理メモへ
タグ:フード
posted by ウィットぱぱ at 22:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月13日

1月の検索ワード


 いつもこのblogを読んで頂いている方々、ありがとうございます!

 GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、どのような検索ワードでこのブログに、たどり着いていらしたのかが判るのですが、1月ひとつきの集計上位を、ご紹介致します。

 これを見るとやはり、病気や薬などについて、みなさん色々ネットで情報集めされているウチに、このblogにいらした事が判ります。
 
 大してお役に立てる情報は無いとは思いますが、

皆さん共に頑張りましょうね!


 検索ワード 比率
1 11.6%
2ウイットパパ 5.4%
3引退犬 ウィット 3.0%
4フリカケワン 2.4%
5東日本盲導犬協会 2.4%
6ウィット 盲導犬 1.9%
7ステロイド 1.6%
8犬 アルブミン数値 2.1 1.1%
9プレドニゾロン 1.1%
10拡張性腸疾患 犬 1.1%
11下痢 0.8%
12リンパ管拡張症 0.8%
13強力わかもと 0.8%
14ドッグラン 0.8%
15BLACKWOOD 0.8%
16ステロイド アルブミン 0.8%
17盲導犬 0.8%
18蛋白喪失性腸炎 0.8%
19IBD 0.8%
20キャリアチェンジ犬 0.8%
21低アルブミン血症 0.8%
22フード 評判 0.8%
23アルブミン 0.8%

服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド 4
     
     
     
MEMO 今週は朝4錠隔日に減薬。(隔日4回)
 
 
 
食事
体重(朝食前) 27.4kg 前日 27.2 kg
  g kcal/g kcal
こうや豆腐 20 5.44 109
オリジン シニア 110 3.7 407
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 585
      0
オリジン シニア 110 3.7 407
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 476
      0
オリジン シニア 110 3.7 407
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 476
おやつ スキムミルク 40 3.56 142
トータルカロリー 1,679
MEMO  
 
 
 
ンチ君
夜中 100 2回目  
100 2回目  
100 2回目 90
  2回目  
MEMO  
 
 
 
お散歩
歩数 2,391   距離 1.83 km
MEMO  
 
 
             
タグ:検索ワード
posted by ウィットぱぱ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2011年02月15日

ステロイド(プレドニゾロン)投薬記録

  体重 mg/kg 累錠 累mg
2010/11/14 12 29.1 2.1 12 60
11/15 12 29.1 2.1 24 120
11/16 12 29.1 2.1 36 180
11/17 12 29.1 2.1 48 240
11/18 12 29.1 2.1 60 300
11/19 12 29.1 2.1 72 360
11/20 9 27.5 1.6 81 405
11/21 9 27.5 1.6 90 450
11/22 9 27.5 1.6 99 495
11/23 9 27.5 1.6 108 540
11/24 9 27.5 1.6 117 585
11/25 9 27.5 1.6 126 630
11/26 4 27.2 0.7 130 650
11/27 3 27.2 0.6 133 665
11/28 2 27.2 0.4 135 675
11/29 1 27.2 0.2 136 680
11/30 6 26.7 1.1 142 710
12/1 6 26.7 1.1 148 740
12/2 6 26.7 1.1 154 770
12/3 6 26.7 1.1 160 800
12/4 6 26.7 1.1 166 830
12/5 6 26.7 1.1 172 860
12/6 6 26.4 1.1 178 890
12/7 6 26.4 1.1 184 920
12/8 6 26.4 1.1 190 950
12/9 6 26.4 1.1 196 980
12/10 6 26.4 1.1 202 1010
12/11 6 26.4 1.1 208 1040
12/12 6 26.4 1.1 214 1070
12/13 6 26.8 1.1 220 1100
12/14 6 26.8 1.1 226 1130
12/15 6 26.8 1.1 232 1160
12/16 6 26.8 1.1 238 1190
12/17 6 26.8 1.1 244 1220
12/18 6 26.8 1.1 250 1250
12/19 6 26.8 1.1 256 1280
12/20 6 26.8 1.1 262 1310
12/21 4.5 25.8 0.9 266.5 1333
12/22 4.5 25.8 0.9 271 1355
12/23 4.5 25.8 0.9 275.5 1378
12/24 4.5 25.8 0.9 280 1400
12/25 4.5 25.8 0.9 284.5 1423
12/26 4.5 25.8 0.9 289 1445
12/27 4.5 25.8 0.9 293.5 1468
12/28 4.5 25.8 0.9 298 1490
12/29 7 25.8 1.4 305 1525
12/30 0 25.8 0.0 305 1525
12/31 9 25.8 1.7 314 1570
2011/1/1 0 25.8 0.0 314 1570
1/2 9 25.8 1.7 323 1615
1/3 0 25.8 0.0 323 1615
1/4 9 25.4 1.8 332 1660
1/5 0 25.4 0.0 332 1660
1/6 9 25.4 1.8 341 1705
1/7 0 25.4 0.0 341 1705
1/8 9 25.4 1.8 350 1750
1/9 0 25.4 0.0 350 1750
1/10 9 25.4 1.8 359 1795
1/11 0 25.0 0.0 359 1795
1/12 8 24.2 1.7 367 1835
1/13 0 24.6 0.0 367 1835
1/14 8 24.6 1.6 375 1875
1/15 0 24.2 0.0 375 1875
1/16 8 24.2 1.7 383 1915
1/17 0 24.4 0.0 383 1915
1/18 8 24.8 1.6 391 1955
1/19 0 24.8 0.0 391 1955
1/20 7 24.8 1.4 398 1990
1/21 0 24.8 0.0 398 1990
1/22 7 25.2 1.4 405 2025
1/23 0 25.2 0.0 405 2025
1/24 7 25.2 1.4 412 2060
1/25 0 25.9 0.0 412 2060
1/26 6 25.9 1.2 418 2090
1/27 0 26.0 0.0 418 2090
1/28 6 26.0 1.2 424 2120
1/29 0 26.0 0.0 424 2120
1/30 6 26.0 1.2 430 2150
1/31 0 26.0 0.0 430 2150
2/1 5 26.0 1.0 435 2175
2/2 0 26.0 0.0 435 2175
2/3 5 26.2 1.0 440 2200
2/4 0 26.6 0.0 440 2200
2/5 5 26.6 0.9 445 2225
2/6 0 26.8 0.0 445 2225
2/7 4 26.8 0.7 449 2245
2/8 0 26.8 0.0 449 2245
2/9 4 27.0 0.7 453 2265
2/10 0 27.0 0.0 453 2265
2/11 4 27.2 0.7 457 2285
2/12 0 27.2 0.0 457 2285
2/13 4 27.2 0.7 461 2305
2/14 0 27.2 0.0 461 2305
2/15 3 27.4 0.5 464 2320
2/16 0 27.4 0.0 464 2320
2/17 3 27.4 0.5 467 2335
2/18 0 27.4 0.0 467 2335
2/19 3 27.4 0.5 470 2350
2/20 0 27.4 0.0 470 2350
2/21 3 27.4 0.5 473 2365
2/22 0 27.4 0.0 473 2365
           
posted by ウィットぱぱ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

勝負時

 今日から、ついに医師より「勝負」と言われていた、隔日3錠のプレドニゾロンになった、隔日3錠と言えば体重1kgあたり

一日0.25mgと言う事のなる、ほぼ副作用の影響のないと言われる分量にまで落ち着いた。

 お腹の調子も元気も、すこぶる良いので、安心はしているけど、要は、これでアルブミン等の値がどうなるかが本当の勝負。

 このまま、良い状態を保って、ステロイドが完全に切れれば良いのだけど・・・
 
まずは1週間後の検査で良い結果が出ますように。

 昨夜より猛烈に雪が降って朝は結構積もっていた、何年ぶりだろう?こんなに積もったのは。

 お昼にかけては、久々の良い天気だったので、午後張りきって、野木町ドッグランに向かったのだけど、野木に入った頃からいきなりの雨・・・
 結局ランについても雨は止まず、また帰ってきました、小山市街まで戻るとまた快晴・・・トホホ

DSCF1418.JPGDSCF1420.JPGDSCF1414.JPG


健康管理メモへ
タグ:
posted by ウィットぱぱ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2011年02月17日

ペコちゃん

散歩中ペコちゃんカーにであったので記念撮影。グリコワゴン来ないかな・・・

体重27.8kg減薬以降も快調である。

DSCF1426.JPGDSCF1427.JPGDSCF1429.JPG


服薬 (一日総量)
プレドニゾロン ステロイド 3
     
     
     
MEMO 今週は朝3錠隔日に減薬。(隔日4回)
 
 
 
食事
体重(朝食前) 27.6 kg 前日 27.4 kg
  g kcal/g kcal
こうや豆腐 20 5.44 109
オリジン シニア 100 3.7 370
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 548
      0
オリジン シニア 100 3.7 370
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 439
      0
オリジン シニア 100 3.7 370
      0
大高酵素フリカケワン 20 3.44 69
      0
カロリー 完食 439
おやつ スキムミルク 40 3.56 142
トータルカロリー 1,568
MEMO ステロイド日/kg 0.25まで落ちたので、フード1割減で様子見
 
 
 
ンチ君
夜中 100 2回目  
100 2回目  
100 2回目  
  2回目  
MEMO  
 
 
 
お散歩
歩数     距離   km
MEMO 携帯忘れて計測出来ず。
 
 
             
タグ:体重
posted by ウィットぱぱ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ
ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
いってらっしゃい、ウィット
 ⇒ ウィットぱぱ (05/05)
 ⇒ あやっち (05/04)
 ⇒ ウィットぱぱ (05/01)
 ⇒ じゅりまの (05/01)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/30)
最後のふれあいデー
 ⇒ ぼに (04/19)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/19)
 ⇒ ぼに (04/19)
わかった。
 ⇒ ウィットぱぱ (04/17)
 ⇒ のび (04/07)
 ⇒ ブラママ (04/06)
ありがとう、ウィット
 ⇒ 大河ママ (03/29)
 ⇒ カレンまま (03/28)
 ⇒ ゆり子 (03/26)
 ⇒ クーパーママ (03/26)
 ⇒ ポンママ♪ (03/26)
経過
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ポンママ♪ (03/24)
 ⇒ ウィットぱぱ (03/23)
 ⇒ あやっち (03/23)
カテゴリ
最近のトラックバック
タグクラウド
過去ログ
リンク集