<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2002/2/25生まれ、パピーウォーカーに愛情たっぷりに育てられ訓練を
経て盲導犬となり8歳まで新潟にて立派に務めた後、家族となる
IBD(炎症性腸疾患)、蛋白喪失性腸炎を克服し楽しく過ごしていましたが
2014/3/25 12才の誕生日ひと月後に永眠。
--------------------------------------------------------------
検索ボックス

2010年11月19日

久しぶりのお散歩

 今日は朝からずっといい天気晴れでポカポカ、昨日ウィットに約束したとおり、久々にゆったり公園に散歩に行ってきました。
 病院近くの「美しが丘公園」でポカポカの芝生の上でのんびりしたり、落ち葉の森の中をゆっくりと歩いたり。
 ポカポカとはいえ、少し肌寒いので、また風邪が悪化しないよう、ウィットにはジャージを着せました、このジャージはゴン太のお下がりですけど、ピッタリ。exclamation

公園ではゲートボールが行われていて、玉の動きをずっと眺めてました。目

SH3G0268.jpg
SH3G0269.jpg


久々の公園で満足そうなウィット


SH3G0270.jpg


 そして、ゆたりした時を過ごして、病院に検診に行きました。

 どきどきの血液検査でしたが、前回「0.5」と最悪だったアルブミン値が1.1に上がっていましたグッド(上向き矢印) とは言っても、適正値の下限2.2の半分というまだまだ低い数値なのですけど、上向きであると言う事は喜んでいい気がします。

 これがズテロイドの効果なのか断定は出来ませんが明日よりステロイド(プレドニゾロン)服薬量を減らしていく事になりました。

 このお薬突然服薬を中止したりすると大変な事になります。長いサイクルで徐々に減らしていかねばなりません、このままアルブミン値も上向きでステロイドも減らせれば良いのですが。

 ンチ君は昨日朝は喜ばせてもらいましたが、その後はガッカリな状態、本日体重が激減(26.5kg)していてビックリ、食欲も出たので、食事量も規定量に近づけていく予定。

再診料 1000 1 \1,000
採血料 500 1 \500
血液検査-単項目検査 2000 1 \2,000
血液検査-CRP/CBC(血球検査) 4000 0 \0
内服薬処方料 500 1 \500
(内)プレドニゾロン5 50 39 \1,950
(抗)メトロニダゾール 100 17 \1,700
分包料 1包あたり 30 21 \630
(消)タンナルビン 1g 50 21 \1,050
(消)ベリチューム 1g 2g/10kgBID 25 -30 \-750
\8,580
税込み合計 \9,009
健康管理メモへ
posted by ウィットぱぱ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

薬の勉強

ビクタス40

犬・猫用ニューキノロン抗菌剤 動物用医薬品・指定要指示

大日本住友製薬が独自に開発したオルビフロキサシンを含有
注射液・錠剤・MTクリームの3剤タイプがラインナップ
複合的に使用することで幅広い症例に適用可能
4〜12ヵ月齢の犬で承認されているのはビクタスSのみ

特 長
1)高い血漿中濃度と優れた組織移行性
2)食事の影響を受けにくい優れた経口吸収性
[3剤共通の特徴]
1)1日1回の投与(塗布)で優れた臨床効果
2)幅広い適応症
3)グラム陰性菌・グラム陽性菌に対する広い抗菌スペクトルと強い抗菌性
4)抗生物質耐性菌にも強い抗菌作用
5)作用は殺菌的
組 成
1錠中オルビフロキサシン40mgを含有
効 能
効 果
[有効菌種]
ブドウ球菌属、連鎖球菌属、腸球菌属、大腸菌、クレブシェラ属、プロテウス属、緑膿菌、パスツレラ・ムルトシダ、クロストリジウム、パーフリンゲンス、キャンピロバクター・ジェジュニ
[適応症]
犬:細菌性尿路感染症、細菌性皮膚感染症、細菌性下痢症、細菌性外耳炎
猫:細菌性尿路感染症、細菌性皮膚感染症、細菌性下痢症
包 装


アミノフィリン(ネオフィリン錠)

アミノフィリン (英:aminophylline) とはキサンチン誘導体であり、アルカロイドのひとつ。テオフィリンに 1/2当量のエチレンジアミンを加え水溶性にしたもの。CAS登録番号は [317-34-0]。強心作用、利尿作用、気管支平滑筋弛緩作用などを有する。気管支平滑筋弛緩作用はホスホジエステラーゼ阻害によりcAMPを増加させることによる。アルビナ、キョーフィリン、ネオフィリンなどの商品名で市販されている。


プレドニゾロン

プレドニゾロン(英: prednisolone)は、ステロイド系抗炎症薬の1つ。炎症原因に関係なく炎症反応を抑制し、炎症のすべての過程において有効。急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患、ショック、痛風、急性白血病、ネフローゼ症候群、移植片拒絶反応の治療に使用され、副作用として免疫機能低下、副腎皮質機能不全、クッシング症候群、胃潰瘍、神経症状が存在する。そのほか、脳脊髄液産生を抑制する目的で水頭症の治療に使用される。

メトロニダゾール(アスゾール錠)

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因菌ヘリコバクター・ピロリ菌体内でニトロソ化合物に変化し、DNAらせん構造の不安定化を招いて抗菌作用を示します。
通常、プロトンポンプインヒビター(胃酸の分泌を抑える薬)と他の抗菌薬(アモキシリン)との併用により、胃・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療に使用されます。

ビブラマイシン 50mg

感染症の原因となる色々な細菌の蛋白合成を阻害し、殺菌作用を示すテトラサイクリン系の抗生物質です。
通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。
真菌やウイルス性の病気には効果がありません。


タンニン酸アルブミン(タンナルビン)

おだやかな「収れん作用」があります。腸の粘膜のタンパク質と結合して、保護膜を作る作用です。炎症がしずまり、粘膜への刺激がやわらぐので、腸のぜん動がおさえられます。そうして、下痢がおさまります。

ベリチーム配合顆粒

脂肪や蛋白質、炭水化物、繊維素を分解する消化酵素の配合剤で、食べ物の消化を助け、消化不良を改善します。通常、消化異常症状の改善に用いられます。副作用など
タグ:勉強
posted by ウィットぱぱ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
いってらっしゃい、ウィット
 ⇒ ウィットぱぱ (05/05)
 ⇒ あやっち (05/04)
 ⇒ ウィットぱぱ (05/01)
 ⇒ じゅりまの (05/01)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/30)
最後のふれあいデー
 ⇒ ぼに (04/19)
 ⇒ ウィットぱぱ (04/19)
 ⇒ ぼに (04/19)
わかった。
 ⇒ ウィットぱぱ (04/17)
 ⇒ のび (04/07)
 ⇒ ブラママ (04/06)
ありがとう、ウィット
 ⇒ 大河ママ (03/29)
 ⇒ カレンまま (03/28)
 ⇒ ゆり子 (03/26)
 ⇒ クーパーママ (03/26)
 ⇒ ポンママ♪ (03/26)
経過
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ソラの元グランパ (03/25)
 ⇒ ポンママ♪ (03/24)
 ⇒ ウィットぱぱ (03/23)
 ⇒ あやっち (03/23)
カテゴリ
最近のトラックバック
タグクラウド
過去ログ
リンク集